【女性用風俗】ストロベリーボーイズ東京 兼業セラピストにとって大切なことは!

masaya

今回は本業も趣味も両立している人気兼業セラピスト、ストロベリーボーイズ東京本店マサヤさんに独占インタビュー。入れ代わりの激しい女風業界において、長くセラピスト業を両立されている彼の仕事に対する姿勢から、歴史ある老舗ストロベリーボーイズ本店の裏話まで。気になる方は是非最後まで読んでみてください。

目次

セラピストになった経緯

ーセラピストになるきっかけは?

外資系の会社に働いていたのですがコロナの影響で本業が強制解雇となってしまい、何か新たなお仕事を始めようと職探しをしていた時に見つけたのが女性用風俗でした。

時間は沢山あったので始めは興味本位で面接に行ったのですが、その時にお話してくださった木村オーナー(TK兄さん)の真摯な姿勢に「この方なら信じられる」と確信し、すぐ「お願いします!」と即答し、そこからセラピスト人生が始まりました。

ー即決することに不安はありませんでしたか?

全くありませんでしたね。オーナーの木村さん(TK兄さん)との面接では、オシャレなカフェで待ち合わせ、ビシッとシワのないスーツ、分厚いお店の資料をご用意して下さり、決して上辺だけじゃない本心の部分で女性を幸せにする事への熱意を語って頂いたので僕も胸が熱くなりました。

ーセラピスト歴は何年ですか

ストロベリーボーイズ東京に在籍して2年半になります。

ーセラピストを始めて感じたことはありますか?

当初は快楽重視でご依頼される方が多いのかと思っていましたが、経験して思ったことは気持ちよくなりたいのは身体だけではなく、むしろ心の方なんだとお客様を通じて感じました。

お洒落したり、自分の変化に気付いてもらって褒めてもらえることの嬉しさ、充足感を求めていらっしゃる方が僕のお客様では多いです。また、旦那様のお話を聞いて欲しい方、一切思い出したくない方、これも両極端にいらっしゃいます。どちらの場合であっても僕は目の前の方の味方でありたいと思うので、親身にお話を聞かせて頂いています。

お洒落担当?と思うくらい服のセンスもGOOD!
モノトーンコーデはホッとしますね。

兼業で働く上で大切にしてること

ーマサヤさんが思うセラピストとして大切にしていることはありますか?

セラピスト業を始めた当初は”お客様ファースト!”と思っていましたが、お客様第一なのはもちろんの事ですが今は自分自身の事もデビュー当時よりも気に掛けるようにしています。

すぐに本業が復活し、兼業セラピストとして働きだした僕にとって、本業にかかる責任が増えていく立場になることは嬉しいながらも、年々バランスを保つことが1つの課題でもありました。

自分の体調管理不足で倒れ、本業とセラピスト業双方のお客さまにご迷惑をお掛けしては本末転倒。今ではちゃんと時間と体力に余裕を持てる範囲での出勤を心がけています。そんな限られた時間の中でリピーターの方々、ご新規の方であっても場所や時間の融通を利かせて頂き本当に感謝しています。

またお会いしてからの時間で大切にしている事もあります!それはセラピストとして最高の振る舞いをすることは当然ですが何より「一緒に楽しむ!」ということです。

Twitterで騒がれているような「お水・お茶を先に用意する or しない問題」や「ホテルの支払いを立て替えるor立て替えない問題」など、施術にしろ全体的な流れにしろ、自分で決め切ったルールで動こうとすると必ず合う人・合わない人が出てきます。

しかし「一緒に楽しむ」という事が念頭にあると、まずはお客様がどの様な方なのかを知りたいと思う様になります。何が好きで、どんなことに興味があって、どのような目的でご利用されているのか。
そういった会話を重ねていくと、お客様も段々と心を開いて下さいます。一方的にサービスを与えるのではなく、お客様としっかり向き合い、セラピスト対女性ではなく、人対人。奇跡の巡り合わせで出会えたこの時間を一緒に共有するという事により一層フォーカスしています。

デビュー当時は、とにかくマサヤという存在を知ってもらうことが大切だったので、沢山日記を書いたり、色んな個人のプレゼント企画などをしていました。しかし、現状セラピストとしての出勤日数がなかなか確保出来ない状況で、外に向けての発信を沢山するよりも、今お会いして下さる方々を今まで以上に大切にしたいそういう事情からSNSや日記の更新が昔に比べ減少しています。

ですが、お会いする事が決まった方とのDMは丁寧にさせて頂きますし、お会いするまで一切連絡が出来ないということはありませんのでご安心下さいとお伝えしたいです。

セラピストを続ける価値とは

ー本業も忙しいはずなのに、働き続けられている理由は何ですか?

2年以上も働き続けられる理由の一つに「人に興味がある」というのが一番大きいと思います。どこで生まれどの様な経験をして今を生きているのか。そこには学生さんであろうが主婦の方であろうが経営者の方であろうが関係ありません。今こうして面と向かってお会いできている事の奇跡に心から感謝してお話させて頂きます。

中には素性をあまり話したくない方もいますが、僕に会いに来て頂ける方の多くはそういった心と心の会話を楽しみにして来て下さる方がほとんどです。

そういう会話を交わすからこそお会いしている時間がとても深いものになりますし、一度お会いした方のことは忘れません。
ですので僕自身「非日常を演出します!」というタイプのセラピストではなく、「日常で自然と出会った何でも話せるいい友達」くらいに気楽な気持ちで会えるセラピストでありたいと思っています。

そしてもう一つ理由があります。それが「ストロベリーボーイズだから」です。
セラピスト一人一人に真剣に向き合って何時間でも電話に付き合ってくれる斎藤店長には特に感謝しています。たまに全然お仕事と関係ない映画の話を1〜2時間しちゃう事もありますが(笑) 

親切な運営さんだと働く側も安心ですよね。

そうですね。お客様にはもちろんのことセラピストのこともしっかり考えてくださる本当に素敵なお店です。ランキング形式などもないので過度な競争は起きないですし、写メ日記などのツールも店の為よりも常にセラピスト個人を尊重して下さります。

数ヶ月に一度、運営の方々とのお食事会も開いて頂く時にもお仕事のお話をずっとしているのではなくて、いい本を教えて頂いたり勉強となるお話を沢山して下さいます。そういうコミュニケーションがより深い信頼関係を築いて下さって「困った時にはいつでも頼れる環境」を自然と作ってくれているのだと思います。

そんなストロベリーボーイズだからお客様も親切な方が多く沢山支えて頂いているというのが2年半も続けられている理由です。

才能あふれる多彩な趣味

ギターだけでなくピアノも上手なマサヤさんの
動画はこちらをクリック

ー改めて好きな分野、趣味を教えていただけますか?

音楽・ファッション・語学・読書・筋トレ・ランニング・voicyを聴く・ワインバル巡り・チョコレート・・上げるとキリがありません。

その中でも音楽は幼少期からピアノを習ったり、他にもベースにドラム。仕事でも音楽に触れるような過去もあったので、大好きであり、最も得意な分野になります。
セラピストを始めるにあたり、音楽人であるということを完全に隠そうかとも考えました。でも物心ついた頃からつい数年前までずっとバンドをやってきた僕にとってそれは不可能なことでした。

自分で言うのもおかしいかも知れませんが、僕は本当に真面目なタイプで何か始めるとなるととことん真面目にやらないと気が済まない。セラピスト始めたての頃はどんな内容の日記を何曜日に書くか日程表を組んでいましたし、リリースした曲調の順番からタイミングまで全て計画的に行いました。

バンドマン時代に描いていた「世界中で売れるバンドマンになる」という夢は叶いませんでしたがそれから色んな経験や知識を得て、今の夢はそれよりもとても大きいものとなりました。

色んなお仕事をされているお客様とお話しする機会が多いので沢山勉強もさせて頂いたり、実際に相談に乗っていただく事もあります。その夢が何であるか、敢えてここでは明確にしませんがいつかお会いした方がどこかで僕の姿を目にした時に「あの時語っていた夢が叶ったんだな」そう思ってもらえるように。

お客様にも、自分に対しても後悔のない人生を歩むために。

何事においても日々学びと成長を、そして初心の心を忘れずに。誠実に向き合っていきたいなと思っています。

本を読むのも趣味の一つ。添えられた手先が美しいです

ー因みに、マサヤさんにとって音楽とは?

僕にとって音楽は”性癖”ですね。セラピストだからこういう表現をしているわけではないですよ。

耳が気持ち良く感じる人になんで耳が気持ちいいの?って聞かれても感じちゃうものは感じちゃうのと一緒で、気づくと音楽に快感を感じていました。好きな音色(楽器の音や声)に出会うと心から幸せを感じます。だからその快感を得るために自分でも楽器を弾くんだと思います。さらにそうして作った曲を皆様に聞いてもらえる喜びは言葉では表しきれません。

女性に対する想い

『あなたの存在に価値を与えたい』これが僕のお客様とお会いする時のモットーです。
「気持ちよかった」とその場限りで終わってしまうのではなくお会いした後も「何だか自分に自信が持てた・・・!」そう思って頂いて、それからの毎日がさらに楽しく、より幸せになって頂ければと思っています。

ー本日は貴重なお時間ありがとうございました!

こちらこそありがとうございました。

まとめ

取材して感じたのは、圧倒的な安心感。そして丁寧さ!彼の誠実な姿勢が利用者の不安を取り除いてくれるんだなと思います。またストロベリーボーイズの働きやすい環境がマサヤさん含め、ストロベリーボーイズが女風業界を牽引し続ける理由ではないでしょうか。みんなにリスペクトされている齋藤店長、TK兄さん気になりますね〜。

この記事が良かったなと思ったら、いいね・シェアの方を宜しくお願い致します。次回の紹介記事もお楽しみに!

マサヤ(音楽の人)

ストロベリーボーイズに2年半在籍する人気セラピスト。そして女風業界唯一のシンガーソングライター。

在籍:ストロベリーボーイズ東京

身長:182cm

年齢:30歳

血液型:O型

趣味:音楽・語学・読書

masaya

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次