女風業界の伝説を作った『Adolescence』代表千咲はる。自分流を見つけよ

遂に、あの人気セラピストが新店舗をオープン!イケメン集団 Tokyo Adolescence(アドレセンス)から、女性用風俗業界日本一の売上記録を持つことでも有名な千咲はる代表がFEMTASYに初登場。業界No.1の売上を叩き出した千咲はるさんの営業スタイルとは?新店舗をオープンさせた経緯や今後の展望までのお話をうかがいました!

目次

女風セラピストになる前は…

ー前職は何をされていたんですか?

元々不動産営業をしていました。社会人として一般企業で3年間は勤めていました。 そこで今の基礎だったり、沢山の事を学び経験する事ができました。当時から人と接する事が好きだったという事もあり、3年が経過した頃に元々興味があったバーテンダーの道にも進みました。

ーキャスト歴は?

今年の11月で3年目になります。

ーセラピストを始めた頃からすぐ売れました?

全然です(笑)始めた最初の1ヶ月目は予約数7件、2ヶ月目も8件と色々な面において相当焦りと不安を感じていたのを今でも覚えていますね。

3カ月目にしてようやく予約数が33件に伸びて、そこから本当の意味でセラピストとしてスタートを切れたという感じでした。駆け出し当時、継続して配信を空き時間にやっていたのが今思うと良かったのかもしれませんね。

千咲はるの画像2
SNSから笑顔が素敵なオフショットを発見!綺麗な歯並びはなんと自前の歯なのだそう。生まれた時から全てが整ってる天然イケメンの千咲さん。

言葉より行動!

 ー接客において意識してたことはありますか?

これは今でも変わらず常に意識している事なのですが、セラピストとして以前に、人として当たり前の事を当たり前にすることですね。 例えばお客様と会った後には必ず感謝の気持ちをすぐに伝える、お客様と何か小さな事でも約束をしたのであれば必ず守る。できない約束はしない。こういう人として当たり前の事をとにかく意識してやっていました。どんな相手だろうが結局人対人なので行動で全て伝わります。良くも悪くも。だから言葉より行動を意識して動いていましたね。それは当時も今も変わらず大切にしていることです。

メガネやサングラスの写真が多い千咲さん!実は目が悪くて全て度入りとのこと。イケイケな写真とは対照的に実際はとても謙虚で穏やか。そのギャップもたまりません!

業界記録を目指した経緯は?

前店の前代表が持っていた月間1000万の業界記録を超えると決めたからですね。

入店当初は更新しようとも更新できるとも思わないくらい、ただすごいとかしか思っていなかったですけど(笑)今思うとすごいというのも理解できていなかったですね。さすがに異次元過ぎて。

先程もお話したように入店3ヶ月目から仕事も増え、忙しくしている中で前店の前代表と一緒に仕事をする機会があり、その時に感じたのは明らかにキャスト力、営業力全てにおいて差があるなと痛感しました。1000万を売るだけの価値がそこにはあったんですよね。それを目の当たりにした時は、結構落ち込みましたね。自分に自信があった分余計に。

それから少し時間をおいてその事について冷静になって考えていくと、どんなにリスペクトをしている人物でも事柄でも同じ人間が成し得た事だと思うと自分にも必ず出来るというマインドに切り替えました。(そう思わないと、この先やっていられないというのもありましたけど笑)

自分流を貫く営業スタイルとは

ーそれから業界記録を更新していくんですね?!

俺は俺のやり方で俺のスタイルで超えてやろうと燃えたものの、山ほど失敗も後悔も別れも経験して心折れそうになり色々な事にトライしては殆ど上手くいかず本当にこれでいいのかと自問自答する日々でした。

今振り返ってみると誰かに聞いて教わる事も大事だけど、自分で触れて、経験して、失敗後悔して、自分なりに考えてきたものの方がずっと残ってるし、必ず財産になってる。 自分で考えて一人で実践していく事は相当勇気がいるけど、そうしていかないと身に付かないし、行動して失敗して出来うる限りのことは全てトライして、自分に合うものだけを残していければいいと思ってます。
やっぱり聞いても難しいですからね。何よりも感覚の問題だから。 誰かが言葉で伝えても、こういうつもりで説明してたのに、違う捉え方されちゃう事も多々あるだろうし、でも自分で築き上げたものは紛れもなくそれが正解だから。

結論自分で頭使って行動できるやつが一番強いです。 神様はしっかり見てくれているので、そういうやつにはちゃんと理解ある人が集まるし、その中でも一部の人は一緒になって目標にも付き合ってくれます 。少なくとも俺と俺のお客様がそうでしたから。

だから、更新できた要因というのはお客様に相当恵まれていたのが一番ですね。 出会うべく人に出会うべきタイミングで出会えたのも大きかった。あとはただ自己満の業界記録更新という目標に耳を傾けてくれて、理解してくれてついてきてくれた人たち全員の力です。本当に。 これから先の人生もこの恩を、この感謝の気持ちを忘れる事はないです。

業界最高売上記録を更新した記念に作成されたPVの一コマ。シーンに合わせて選ぶ服装のセンスも超一流!

立ち止まって、気づいたこと

ーその後セラピストを一度辞められていましたよね?!

2年以上ひたすら毎日走り続けていたので一度立ち止まって休憩しないとそろそろ壊れるなと思って。
それに若干燃え尽き症候群みたいなものも自分の中で感じていたので、そのまま惰性でやっていてもお客様たちにも失礼だし、だから一回リセットしてまた新たに再出発したいなと思っていました。

ーお休み期間はどう過ごされていたんですか?

約2ヶ月間だったのですが、基本的にはリセットの時間に充てていたので携帯もなるべく手放してデジタルデトックスしたり、家にこもって海外サッカーや映画を1日2、3本観たり、ヨガに通ったり、ホントにゆっくり過ごしていましたね。あとは地元に帰省したり。
この期間があったからこそ本当に自分がやりたい事や、また新たにやっていく上での指針などを再確認できた重要な期間だったと思います。立ち止まる不安もありましたけど、立ち止まったからこそ見えたものや、必要とされているだけではなく、俺もお客様をそしてこの仕事を心から必要としているんだなと強く感じました。なので新店始動してからはその気持ちと共にギアフル回転で走り続けています。
今は毎日お客様と従業員に囲まれて幸せですよ。

ーそれから、独立して新たにお店をオープンされた訳は?

キャストを長くやっていると様々な思いや形にしたいものが見えてくるもので、それを叶えるには自分で店を構えるしかないなと思い独立に至りました。

会いにきてくれる方との時間を誰よりも楽しむ。それが二人がハッピーでいられる失礼のない一番のおもてなしだとお話されていた千咲さん。相手が笑顔だから私も幸せになる。素敵な考えですね。

想いを形へ 

働く環境もこだわるTokyo Adolescence。
写真のクオリティも超一流

ー新店に込めた思い、理想の形とは?

この仕事は常にお客様がセラピストに求めるものが異なりますし、会う場所も中身も常に変わる仕事です。 ただ、どのような状況でも一対一の関係は変わらない。良いことも悪いことも一緒に共有できるのが醍醐味で素晴らしいことですが、それには限界も感じていました。

それもあって以前から思い描いていた事は、例えばお客様のお祝い事や二人の大切な日などを、毎回二人っきりで何かするだけではなく、店のキャストも含めてみんなでお祝いできる環境や、指名しているキャストに直接言えないことや、誰にも相談できないでストレスを抱えたり、それによって二人の関係がギクシャクしてしまうよりかは信頼の置ける他のキャストもいて相談できる環境だったり、そういう場面場面で周りを巻き込んでより良い形、愛溢れる姿があってもいいんじゃないかとずっと思っていました。

そのような環境をお客様に応じて提供できていれば、もっと良い方向に変わっていたかもしれない。過去の経験から同じ悩みや過ちを繰り返さないためにも、アドレセンスでは肌で感じていた様々な事にトライしていこうと思っています。

自分もお客様も店のキャストも全員で一緒に楽しく笑顔で幸せに、そうやって上がっていけるような環境をアドレセンスでは作っていきたいんです。

ーアドレセンスの名前の由来はなんですか?

Tokyo Adolescence。アドレセンスは英語で青春という意味があります。どの年代の女性も、どの様な環境下にいる女性も、私たちに会えば青春時代を取り戻せるような、色褪せない鮮やかな日々を一緒に過ごしていこう。そう思いつけました。その為にもアドレセンスのキャストは如何なる時も輝き続けていないといけないんです。

千咲はるの画像5
頼れる右腕と語っていた高槻 優馬さんとの宣材写真

もっと高みを目指して

 ー最後に今後の展望を聞かせてください!!

まずはアドレセンスから業界記録を更新するキャストを輩出したいですね。要するに千咲はるのクローンを作り上げることです。冗談っぽいですけど、結構これはマジです(笑)
アドレセンスのキャストには沢山挑戦して失敗してもらってキャスト力も人間力も、もっと上に成長していってもらいたいですね。もちろん一緒に全員で。そして、アドレセンスのキャスト全員に共通して持ってもらいたい指針はお客様の満足度をもっともっと押し上げること。
これができないと何も始まらないので。常に根底はお客様ファーストで、お互いが毎日幸せ。これを日々意識してお客様と一緒に良いアドレセンス(青春時代)をこれからも送っていきたいと思います。

幾度の失敗も経験して、自分なりに考えて行動してきたはるさん。その姿勢が自信へと繋がり、お客様に支持される理由なのかもしれません。とてもナイスガイで誠実なお人柄、見た目以上に内面がイケてる千咲はるさんでした!

千咲はるのプロフィール画像
千咲 はる

華麗な容姿に気品漂う佇まい、唯一無二の存在であり女性用風俗業界売上日本一!月間売上1200万という伝説的な記録を作ってきたトップセラピストであり『Tokyo Adolescence』の代表でもある。

在籍: Tokyo Adolescence

身長:176cm

血液型:A型

S・M:もう分かってるだろ?SpecialのSってことは⭐︎

   

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次